かぼちゃの部屋 〜簡単かぼちゃ料理の作り方・レシピ〜

ここは、かぼちゃ好きな管理人による、かぼちゃ好きな人のためのホームページです。ここにあるレシピはすべて、かぼちゃを使用したスープ、煮物、揚げ物、サラダ、炒め物、お菓子などの簡単な料理ばかりです。まだまだ数は少ないですが、これから徐々に増やしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

かぼちゃの種類

かぼちゃには大きく分けて3種類あり、日本かぼちゃ・西洋かぼちゃ・ベボかぼちゃがあります。

■日本かぼちゃ

中南米原産で16世紀にポルトガル人によってカンボジア産のかぼちゃが日本に伝わり、カンボジアがなまって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったそうです。水分が多く味は淡白で粘りがあり、日本料理に向いています。黒皮・菊座・ちりめん・日向・雪化粧・みやこなどがあります。

■西洋かぼちゃ

南米原産で江戸末期にアメリカから伝わったそうです。ホクホクとして甘味が強く、色々な料理に使えます。えびす・黒皮栗・赤皮栗などがあります。

■ベボかぼちゃ

北米原産で明治以降に伝わったそうです。ズッキーニや金糸うり(そうめんかぼちゃ)があります。

かぼちゃの栄養

かぼちゃは栄養価の高い緑黄色野菜で、昔から「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と言われているほどです。かぼちゃにはカロチン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・食物繊維な どが含まれています。

■カロチン

体内に入るとビタミンAに変わり、視力や皮膚・粘膜の健康を保ちます。ガンや生活習慣病に効果があるといわれています。

■ビタミンB1

糖質(ごはん・パン・砂糖)などの代謝に必要で、不足すると疲れやすくなったりイライラしやすくなります。

■ビタミンB2

リボフラビンともいい、細胞の新陳代謝や成長に必要で、不足すると成長低下・皮膚炎・口内炎・口角炎などがおきたりします。

■ビタミンC

皮膚や歯・骨などを健康に保ち、風邪などの感染症の予防や、ストレスへの抵抗力を高める効果などがあります。

■ビタミンE

脂質の酸化を防ぎ、血行を良くして老化を防止します。

■食物繊維

便秘の予防や、発ガン性物質などの腸内の有害物質を、体外へ排出させる働きがあります。



スポンサーリンク

かぼちゃの選び方

私も今までにたくさんのかぼちゃを買ってきましたが、おいしいかぼちゃを見つけるのは結構難しいと思います。よくかぼちゃは、ずっしりと重いものが良いと言いますが、実際に重いものを選んで買ってみても水分が多すぎたりする事もありますし、実の部分の色が鮮やかな黄色のものが良いと言っても、不味かったりすることもよくあります。そこで100%ではありませんが、自分なりに考えた美味しい確率の高い選び方を紹介したいと思います。

  • 皮の色は黒に近い緑色が良い。鮮やかな緑色はだめ
  • 種は大きくて、実よりも色の濃いワタがびっしりと詰まっているものが良い
  • 実の部分の色は鮮やかな黄色ではなく、暗くて濃い黄色
  • 皮に近い実の部分に5o幅ぐらいの薄い黄色の層が出来ているものが良い

これらのすべてに当てはまるかぼちゃを選べば、かなりの確率でおいしいと思います。

かぼちゃの種

かぼちゃを料理すると必ず種が残ってしまいますよね。この種にはどの様な栄養があるのでしょうか。また、どの様にすれば食べることが出来るのか調べてみました。

■栄養

かぼちゃの種には、タンパク質・カロチン・ビタミンB1・B2・ナイアシン・亜鉛・鉄分などが豊富に含まれており、低血圧・貧血・利尿作用・せき止め・動脈硬化の予防、回虫駆除などに効果があります。「南瓜仁」(なんかにん)という名前で漢方薬としても使われています。

■食べ方

かぼちゃから取り出した種はよく水で洗い、天日干しにしてしっかり乾燥させます。よく乾いた種をフライパンで軽く焦げ目がつくまで乾煎りして、塩で味付けします。

かぼちゃの旬と保存方法

国産のかぼちゃは夏が旬で、冬から春に掛けては輸入物のかぼちゃが多く出回ります。

まるごとなら冷暗所で、1〜2ヶ月ぐらいは保存することができます。切ってしまったものは、わたを取ってラップをして冷蔵庫で1週間ぐらい保存できます。



スポンサーリンク